読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DAZNの評判に見るメディアの適材適所/ネットワークインフラ素人のニートが語ります

英国資本系のインターネットスポーツ配信サービスのDAZNがしばらく前にスカパーからJリーグの放映権等を10年2100億円で勝ち取ったというニュースをご覧になった方も多いと思いますが、どうやらJリーグの開幕試合配信の評判が今ひとつのようで、そもそも論として「ネットでスポーツ配信って適切なのか?」ということをド素人が考えてみたいと思います。

 

他所様のサイトなんですが、こちらをご覧いただけますでしょうか。

 

netgeek.biz

 

こちらの記事でひろゆき氏が言っているように、インターネット動画配信ってサーバーからクライアント(視聴者)一つ一つに対してかなりの通信量の負担がかかるんですよね。勿論2人見れば2倍に、100万人が見れば100万倍に、1億人が見れば1億倍、同時に見ると限った話ではありますがそれだけ負荷がかかるんです。

 

例えばNetflixなんかは北米のインターネット通信量の30%を超えてるという超巨大メディアになってる訳ですけど、それを配信処理しているのはAmazonが誇るAmazon Web Serviceサーバー群です。有名な話ですが、つまりNetflixAmazonクラウド事業の超お得意様な訳です。

でもですね、Netflixは個人的にはまだマシだと考えてます。高画質な動画を配信していますが、Netflixはオンデマンドという性質を持っているからです。同じ時間にすべての視聴者(というのは言い過ぎですが)がアクセスする訳ではありません。まぁ日本で言うゴールデンタイムとかは相当なものでしょうが。

 

で、一方DAZNです。こちらは話が少々違います。スポーツ中継というのは、その性質上必然的に膨大な数の視聴者が同時に見ることになります。そうなると一気にサーバーに負荷がかかります。勿論DAZNの運営会社は世界最大手のスポーツ配信会社なのでAWSだかGCPだかAzureだかは知りませんが相当な投資をサーバーに対してしてるでしょう。ですが、正直個人的にそれはとても効率の悪いことに感じます。今DAZNフルHD解像度で配信してるようですが、動画の解像度はまだ上がり続けることが予想されます。ビデオコーデックの進化などもあるので一概には言えませんが、4kになると今の4倍、8kになると16倍のトラフィックがインターネットの中に生じるわけです(すごく単純化してるのはご容赦ください)

 

またもやひろゆき氏の言葉に習いますが、衛星放送というものは見てる人が0人でも70億人でも配信側にかかるコストは変わりません。帯域もかなりあって、4k放送はすでに実用化されてます。インターネットのトラフィックは現実的に有限なのです。スポーツ、とりわけメジャースポーツのようなコンテンツは衛星放送が請け負うのがスマートだと僕は考えます。