読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中年ひきこもりニートの人間関係新規構築の難しさ

人と話がしたい。話が合う人と、落ち着く場所(自宅以外)で雑談とか人生論とかについて話を弾ませたい。スカイプとかLINEとかVoIPじゃなくて(それもいいけど)京極夏彦のルー・ガルー風に言うとリアルコンタクトを取りたい。長谷敏司Beatless風に言うと美少女にアナログハックされたい(それは違う。あながち嘘でもないけど)

 

よく「社会人になると出会いがない」と言いますが、中年ひきこもりはもう本当に出会いがないです。この場合の出会いは男女の出会いとかいう超贅沢品じゃなくて普通の出会いがないんです本当。あんまり家から出ないし行く場所といったら適当に散歩とか図書館とか本屋さんとかだから出会いなんてないです。

 

これでも最近はそれなりに自分から動いたんですよ。引きこもりの会行ったり地域活動支援センター登録して行ったり。でも話合う人いない。要求が贅沢過ぎるのかなぁ。僕の話がつまらなさすぎるのかなぁ。いっそ病院のデイケアに通おうかとも思ったりするんですけど、朝から夕方まで拘束されて大丈夫な自信があまりないです。というとやっぱり地域活動支援センターなのかなぁ、うーん。

 

以前はあんまり人恋しいとか人間関係を豊かにしたいとか思わなくて、一人で好きな本読んでゲームして好きな勉強できてれば幸せっていう簡単な人間だったんですが、どうしてこんなに面倒くさい人間になってしまったのか自分でも正直よくわからないです。でもなんかこのくらいが普通なのかな、みんな大変だなあ。阿良々木君が言ってた人間強度が落ちるってこういうことなのかな。傷物語劇場版見てないけど。