読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンドロックに向かない人

ちょっと前にSEKAI NO OWARIの深瀬さんが

「初めてギターを見た時、この限りある音の組み合わせで音楽を作るという数学的なものに不自由さを感じた。だから今でもギターは好きじゃない。 」

というツイートをされましたね。まあ案の定叩かれまくったんですけど(笑)
でも僕、正直この気持ち結構わかるんですよ。ギター好きの友達から一時期ギター買えギター買えって言われても全然心動かなかった。ギターの有限性と言ったら語弊があるけれど、形があんまり好きじゃなかったし、何より音があまり好きじゃなかった。

僕は小さい頃から鍵盤楽器に憧れを感じることが多くて、デパートでおもちゃのキーボードを買ってくれと母にねだったりして、まあ結局家の教育方針(というほど大したものではない)でピアノを習ったりはしてないんですけど、最近になって電子ピアノ買って独学で弾いてみたり、鍵盤楽器が好きなんですね。弦楽器や管楽器はあんまり好きじゃないんです。

高校生から大学生ぐらいの頃って、バンドミュージックに熱中する人が多いと思うんだけど、聴かない訳じゃないし、気に入るバンドもあるんだけど、やっぱりそのバンドってあんまりギターロックしてないんですよ。最近ならそれこそセカオワとかね。

だからまあ「まだギター使ってるの?」はちょっとどうかと思うけど、別に楽器の好き嫌いってあってもいいんじゃないかなあ。とほとんど楽器弾けない人が言ってみますよ、と……。