読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからコンテンツ制作でご飯は食べられるのだろうか

ちょっと話題には乗り遅れ気味ですが、某芸人兼絵本作家さんの炎上煽り気味の、ご自身の絵本をネットで無料公開するという行為、それに関する論争などが話題になりました。

 

僕は最近コンテンツをろくに制作しておらず(まぁ元から小説のようなものをたまに書いていた程度ですが)ほぼ消費オンリーの生活を送っているのですが、時々、「これからコンテンツ制作、いわゆる専業作家・専業クリエイターで食える人ってどんどん減っていくんじゃないかな?」と思ったりしてます。

 

前提として、創作は素晴らしいことだと思ってます。技術・知識・経験・価値観などの人間が持つ様々なものを凝縮して作られたものは時に他人の人生にまで影響を与えたり他人を救うことさえあります。そうでなくとも、その行為自体がとても素晴らしいことだと僕は言いたいです。

 

ですが、インターネットやコンピュータや各種センサーなどのデジタル複製・流通技術が進むにつれて、コンテンツ自体ではかえって収益を上げにくくなってるのではないかと思ったりするのです。素人考えですが。

 

以前似たようなことを書きましたが、コンテンツを消費するコストはかなり下がってきてると思います。動画なら、NetflixAmazonプライムビデオ、Hulu、dtvなど月額1000円前後かそれ以下で膨大な数の映画・ドラマ・アニメなどを見ることができます。

活字の本に関しては、最近の図書館はベストセラーや売れ筋の本などをかなり積極的に書架に入れて貸し出しています。電子書籍のセールなどもありますし、褒められた行為ではないですが違法コピーもあります。漫画もレンタルコミックなどが盛況です。日本国内では漫画は活字以上に違法コピーの被害を受けてるのではないかと推測します。

音楽も同様に1000円ほどで膨大な楽曲が聴き放題のApple Music、SpotifyGoogle Musicなどがありますね。

ビデオゲームに関してはまだかなりお金が物を言いますがSteamやPS Storeのセールで以前より安く手に入りやすくなったのではないでしょうか。

 

ちょっと論点がズレてきてしまいましたが、何を言いたいかと言うと、消費者は非常に低いコストで一生かかっても消費しきれないほどのコンテンツを享受できる時代に、コンテンツ販売だけで生計を立てることはかなり困難じゃないかと思うのです。まぁ昔から作家で食えてた人はごく一部なのですが。

 

あくまで僕個人の考えですが、これからクリエイターを目指そうという人は創作物の収益だけに頼らず、他に収入源を作っておくのがいいんじゃないかなぁ、と思ったりします。

行く末を思うとため息が出ます

最近父からちょくちょく話があるんですが、父はいずれ僕をグループホームで生活させるつもりのようです。

確かに僕がアパート等で一人暮らしをするのは少し、いやかなり不安な面があるのですが、現状のグループホームは非常に困ります。

大学と大学院は、まぁそれまでになんとか修了して、作業所にでも通いながら自分なりに勉強・研究を続けていけば問題ないです。頑張らないといけませんが。

最大の問題は、固定のネット回線(光)が引けるグループホームがほとんどなさそうなことです。僕はネットへの生活の依存度が非常に高く、おそらく月に数百GBの通信を行っています。これをさばききれる回線は現状、固定の光しかありません。

しかし、グループホームは住民の性質上、固定回線を引けるところがほとんどありません。今の時代ネット回線は生活インフラだと思うのですが……。

年初の目標

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

今年の目標ですが

・痩せる(ジャンクフード・ファストフード食べない、お肉も最小限に)

・復学する

 

でいきます。

難敵、むちゃ食い障害

お久しぶりです。

この前のエントリを読むとまるで僕のむちゃ食い障害が治ったかのように思っちゃいますよね。ごめんなさい実際は再発しました。全然治ってません。

多分ですけど、前のエントリを書いた頃のように1日3食食べれば多分止まると思います。でもそれでは僕の場合食べすぎてしまいがちで、結局体重が高止まりしてしまっていたので、食事の回数を減らす方法にしたら再発してしまいました。

もう正直自分で自宅で治すことに限界を感じています。年明けて雑用を済ませたら、入院を検討したいと思ってます。

他にもジェンダークリニックに早めに一度行きたいと思っていますが、プライオリティはむちゃ食い障害のほうが上だと思ってます。

はぁ、なんで生きるための食事のことでこんなに悩まないといけないんだろう。

僕のむちゃ食い障害が止まった話

僕はここ1年半ぐらいむちゃ食い障害(binge eating)で苦しんでました。主に深夜に家族が寝静まった後、冷蔵庫の中のあまり調理しなくても食べられる物(主に炭水化物が主体)や、コンビニに行って菓子パンやスナック菓子を買い込んで一気に食べる生活が続いてました。当然、体重は恐ろしい勢いで増加しました。

 

その間、むちゃ食い障害に全く抵抗しなかった訳ではありません、糖質制限、ウェイダウン、プチ断食、一日一食など色々なダイエットに挑戦しては失敗しました。ローテーションのようにダイエットを繰り返しては体重が増えていきました。

 

そんな僕ですが、ここ一ヶ月ぐらいはむちゃ食いらしいむちゃ食いをしてません(だらだらお菓子食べすぎちゃったことなどはありますが……)

僕のむちゃ食いが止まったきっかけなのですが、一日三食、普通に(食べすぎない程度に)食べることでした。急激と言えるほどは体重は落ちてませんし、まだそんなに経ってないからでしょうが、少なくともダイエットジプシーしてた頃よりは体重落ちてますし何より精神的に食べ物のことで悩まなくなりました。

 

痩せたいのにむちゃ食いしてるという時の自己嫌悪は本当に辛いです。その苦しみの中にいる方は、一度普通に三食食べてみてはどうでしょうか。最近は変わったダイエット法が目につきますが、三食食べることを恐れないことって摂食障害の人には大切だと思います。勿論全く食欲がない時は一食抜く程度問題ないと思いますが。

 

 

大学ダイエット講義 無理をしない がんばらない それでも確実にヤセる

大学ダイエット講義 無理をしない がんばらない それでも確実にヤセる

 

 

 

今僕が参考にしてるダイエットは漆原先生の大学ダイエット講義です。この本は、本当に良心的なダイエット本だと思います。ちなみに僕は漆原先生が教鞭を執っていた大学に在学してたことがあって、顔を合わせることがあります。ちょっとやらかした時にね(苦笑)

続報なし

こんばんは

 

前回書いた地域活動支援センターのことですが、打ち合わせに行ったら体調が悪くて早めに帰ってしまったので、残念ながら前回の日の翌日に打ち合わせはできませんでした。けど、その後連絡をくれるという話だったはずですがほぼ一週間経った今でもまだ連絡を貰えてません。正直ちょっと適当だなあって感じ。そろそろこっちから電話しましょうかね?

 

本は相変わらずあまり読めてません。体を動かしたり鬼トレをしたりした後は少しまともに読めるような気がしますが、それでも決して早くはないし、集中もイマイチです。できれば一日一冊ぐらいのペースで読めればいいのですがなかなか、です。タスクが溜まると焦る悪いクセがあるのですが、なるべく焦らないようにしたいです。一時的に本が読めなかったりしてもなんとかなると思って。

 

今日は早朝覚醒したと思ったら二度寝ができて9時頃に起きられたのでまあまあかと思ったら、昼過ぎから昼寝をかましてしまいました。ちょっと調子が良くなかったのでまぁ許してもいいのですが、起きた後も気圧のせいかちょっとした懸案事項のせいか少し情緒不安定です。ご飯を食べてから今は少し落ち着きました。読書も散歩もできてませんが、今日はあまり気負わないようにして過ごそうかと思います。まぁできればこの後読書できればいいなとちょっと欲を持ってるんですけどね(苦笑)

最近外出欲が高めです

こんばんは(普通)

 

さて、最近僕は割と外に出たくてうずうずしてる日が多いです。これって大ニュースですよ? 僕的にはという但し書きがつきますけど。おうち大好き人間の僕が、いかにして快適に引きこもるかを考えていた僕が、外に積極的に出たいなどと、まだ10月半ばなのに香川に雪が降ってもおかしくないレベルの事態です。

 

でもまあ、あれですよ。外って居座ると場所代がかかったりするし、一人だと案外手持ち無沙汰になったりして家に帰ったりで思い切って外出してもなかなか思い通りにはならないものだったりします。

 

で、少し考えて思い当たったのが、地域活動支援センターI型だったりします。以前父からデイケアを勧められたことはあったのですが、デイケアは割とプログラムがかっちりしてることが多く、どちらかというと地域活動支援センターのほうが自由度が高めだというサイトなどを見かけました。

 

地元の市の社協の方が地域活動支援センターのスタッフさんと繋がりがあるようなので、明日以降、見学できるかなど話を聞いてみたいと思っています。

 

ちょっと疲れてるのであまり長くないですがこの辺で。ではでは。